尼崎市で住宅ローン滞納相談・任意売却なら、㈱ベクトル。

尼崎市の住宅ローン滞納相談尼崎市の住宅ローン滞納相談


無料相談実施中無料相談実施中

お問合せ
メールでのお問合せメールでのお問合せ

尼崎市住宅ローン滞納相談はベクトル

競売とは競売とは
任意売却の費用任意売却の費用
よくある質問よくある質問

住宅ローンを払えない状況ではどのようなことに注意し、何を行えばよいのでしょうか?

何らかの事情で、住宅ローンを滞納し続けると、金融機関から催告書督促状が届きます。それでも、滞納をし続けると、期限の利益の喪失事由に該当し、一括の弁済を求められます。そして、保証会社は貴方が住宅ローンを借りている銀行に対して代わりに一括弁済を行い、債権の請求権が銀行から保証会社に移ります。そして、保証会社から貴方に返済請求が来るのです。期限の利益の喪失とは、住宅ローンを設定するために、ある期限を設けて、それまで毎月銀行に分割して支払いをしていきます。ですから、一括返済する必要はありません。しかし、数か月住宅ローンを滞納したなど、銀行との信用を失ってしまった場合に「期限の利益」を喪失してしまい、銀行から一括返済を求められてしまう訳です。

  住宅ローンが払えない状態になってしまったら、まずは対処法として、頑張って返済を続ける、債権者と返済計画を交渉する(リスケジュール)、あとは任意売却などが挙げられます。頑張って返済できるのが一番良いのですが、住宅ローンを払えない状況の方にとっては非常に難しいことです。次にリスケジュールの相談については、返済期間を延長してもらい、月々の返済を減額してもらうのですが、当然のことながら支払総額は変更前よりも多くなってしまいます。また、リスケジュールを却下されてしまうこともあります。滞納期間が進むにつれて厳しい状態に置かれていきます。一旦、債権の管理が保証会社に移ってしまうと、住宅ローン返済計画を相談できなくなります。しかし、もしそうなってしまった場合は、任意売却の手続きを早急に行う方が得策と言えます。事態を悪化させないためにも、早めに専門家に相談して、対策をとることが大事になってきます。

ご相談大歓迎ご相談大歓迎

資料送付.jpg資料送付.jpg

メール相談.jpgメール相談.jpg