尼崎市で住宅ローン滞納相談・任意売却なら、㈱ベクトル。

尼崎市の住宅ローン滞納相談尼崎市の住宅ローン滞納相談


無料相談実施中無料相談実施中

お問合せ
メールでのお問合せメールでのお問合せ

尼崎市住宅ローン滞納相談はベクトル

競売とは競売とは
任意売却の費用任意売却の費用
よくある質問よくある質問

住宅ローンの支払い中、税金を滞納し、差押えがついてしまいました。その状況で最優先にすべきことは?

住宅ローンを滞納している方は税金も滞納されている方が多いのが現実です。何らかの事情で、収入が減ってしまうと、各種税金や住宅ローンの支払いが難しくなってしまうのは避けられません。

  住宅ローンを滞納している場合、早めに債権者に相談することが重要です。なぜなら、交渉次第では返済期間を延長してもらったり、毎月の返済額を減らしてもらったりできることがあるからです。しかし、滞納が3か月以上続くと、それが難しくなります。なぜなら、住宅ローンの債権者が既に競売の申立に取り掛かっていたり、代位弁済を請求している場合があるからです。差押えや競売にならないようにするには、早めの対応が重要となってきます。

  税金を滞納している場合も、税務署や市町村区の窓口へ行き、事情を話して分納での支払いをお願いする方が良いでしょう。役所によって方針は異なりますが、まずは税金を少しずつでも納めます、という誠意を見せることによって、住宅の差押えを防ぐことができる場合があります。上記のような話し合いは役所に記録され残ります。

ここで、大事なことは役所からの差押えを防ぐことです。それは、住宅ローンの滞納によって任意売却を希望していても、役所により該当不動産を差押えされていれば、その差押えを取り下げてもらえなければ、任意売却ができないからです。ですから、少しずつでも納税し続けることが重要です。

それでも、役所から不動産を差押えされてしまった場合、任意売却をするためには役所に差押えを取り下げてもらう必要があります。任意売却による売却代金で税金の一部また全ての税金の滞納金が清算されるのであれば、役所に差押えの取り下げをしてもらえる可能性があります。逆に、税金の滞納金が清算されることが前提でなければ、差押えが入っている不動産の任意売却は難しいという事になります。

上記のように、住宅ローン返済でお困りの方は、早期の対処が重要になってきますので、早めに専門家のアドバイスを受けることが大切です。

ご相談大歓迎ご相談大歓迎

資料送付.jpg資料送付.jpg

メール相談.jpgメール相談.jpg