尼崎市で住宅ローン滞納相談・任意売却なら、㈱ベクトル。

尼崎市の住宅ローン滞納相談尼崎市の住宅ローン滞納相談


無料相談実施中無料相談実施中

お問合せ
メールでのお問合せメールでのお問合せ

尼崎市住宅ローン滞納相談はベクトル

競売とは競売とは
任意売却の費用任意売却の費用
よくある質問よくある質問

住宅ローンを滞納し、裁判所から「競売開始決定通知書」が届いた場合の対処法についてご紹介しています。

やむない事情から、住宅ローンが滞納していたが、消費者金融のように激しい督促が来なかったから、さほど気には留めていなかった。 住宅ローンを滞納し続けて数か月後、裁判所から「競売開始決定通知書」が届き、それに驚いて、このページに来てくださったかもしれません。こちらでは、その状態について解説します。

裁判所から届いた「競売開始決定通知書」とは、住宅ローンを数か月間、滞納していたために、その物件が競売に掛けられることが決定しましたという通知書です。通知書を受け取って、すぐに競売が開始されるわけではありませんが、この通知書が届いて、6か月程度で競売によって、売却され、退去しなければなりません。通知書が届いたら、残された時間がありませんので、早急に対処方法を探さなければいません。

それでも、住宅ローンを支払えずに、競売で売却される場合は、相場より安く売却されてしまうので多くの債務が残り、また周囲に事情を知られてしまい、退去日も落札者に従わなければなりません。非常に精神的苦痛も大きくなると思われます。

競売開始決定通知書が届いても、任意売却で競売を免れ貴方の負担を軽減する方法があります。任意売却をすると、競売落札価格よりも高値で売却できるので、残りの債務も軽くなり分割返済が可能であること、また買主と引越し時期も相談でき新生活の計画も立てやすくなること、引越し費用も手元に残せる、など競売に比べて、金銭的にも精神的にも負担が軽減されます。

数か月間、住宅ローンを滞納し、競売開始決定通知書が届いたからといって、諦めてはいけません。しかし、すでに競売の申立がされていますので、早急に対応することが重要です。まずは、より良い条件で任意売却するためにも、専門家に事情を説明し、相談にのってもらうことが重要です。

ご相談大歓迎ご相談大歓迎

資料送付.jpg資料送付.jpg

メール相談.jpgメール相談.jpg