尼崎市で住宅ローン滞納相談・任意売却なら、㈱ベクトル。

尼崎市の住宅ローン滞納相談尼崎市の住宅ローン滞納相談


無料相談実施中無料相談実施中

お問合せ
メールでのお問合せメールでのお問合せ

尼崎市住宅ローン滞納相談はベクトル

競売とは競売とは
任意売却の費用任意売却の費用
よくある質問よくある質問

税金 滞納

2014年9月6日

 

自分の生活や会社の経営がギリギリになってくると、何処から出費を切り詰めていくべきかと悩む事になるでしょうけれど、

そのときにまずは税金を滞納するという形で一旦は出費を減らそうとする方が多いのです。

 
しかしそんな出費の切り詰め方をいつまでも続けていると、不動産を差し押さえられて自分の生活や会社の経営そのものが崩壊する事に繋がりかねません。

 
そうならないためにも不動産を差し押さえられそうになってしまう前に、税金を滞納する事になりそうだと思ったときから専門家に相談しておく様にしましょう。

 
土地を失うというのは人生の大きな分岐点になってしまうぐらいの一大事ですから、それに比べたら専門家を頼るための費用というのは安いものですし、

相談程度であれば無料で受け付けてくれるところばかりなのが助かります。

 
財産管理や借金の返済プランが完全におかしくなっているというときほど、法律を絡めた専門家のアドバイスはありがたいものですから、

自分一人ではどうしようもないと思ったときには、何処から切り詰めていくべきか一人で考えていくのではなく、

自分の生活や経営状態に合わせて税金の支払いの一部控除などが受けられないかなど、様々な対応方法を専門家の方に教えてもらうのが良いでしょう。

 
もし相談しないまま時間だけが過ぎていくと、気付けば土地を競売にかけられてしまっていたという事も珍しくありません。

 
土地が手元にあって巻き返しを図れる段階で相談をする事こそが大事だという事を忘れない様にしてください。

 

お問合せバナー

2014年8月16日

 

最近は、気軽に自己破産をする方が増えているそうです。

 
そういう方ばかりではないでしょうが、世間では同じような目で見られることになってしまいます。

 
自己破産をすれば債権は免除されることになりますが、税金の滞納だけはそうは行きません。

 
たとえ破産が確定したとしても、税金の滞納分は支払わなければならないのです。

 
しかも、そのまま放置してしまうと、非常に高い延滞金が科せられることになります。

 
そして、最終的に不動産などを差し押さえられることになってしまうのです。

 
差し押さえられた不動産は、競売や公売にかけられることになります。

 
ところが、競売や公売では、一般の相場よりも低い価格で落札されるのが一般です。

 
それでは、売却価格だけでは、支払い額に不足してしまうこともあるでしょう。

 
差し押さえ、そして競売や公売にかけられることになったとしても、任意売却をすることはできます。

 
任意売却をしたほうが、競売などより高く売れる可能性が高いのですから、

競売や公売よりも任意売却を選んだほうがお得です。

 
そのためには、差し押さえを取り下げてもらう必要があります。

 
差し押さえを取り下げてもらえる条件としては、

任意売却をして得た売却代金で税金の支払いをすることが絶対条件となるので注意しましょう。

 
それが確約できなければ、差し押さえを取り下げてもらうことも、任意売却をすることもできません。

 
お困りのときは、専門家に相談してみることをおすすめします。

 

お問合せバナー

2014年8月7日

 

税金の支払いは国民の義務であり、原則として支払いを拒否することはできません。

 
では、もしも税の支払いを滞納したらどうなるのでしょうか。

 
一連の流れとしては、まずは督促状が送られてきます。

 
ここで税務署や市役所にて支払いに関する相談を行えば問題はありませんが、

無視をすると住宅や土地などの不動産が差し押さえられ、競売にて売却されてしまいます。

 
不動産の売却で得たお金を税金の支払いに充てることになりますが、

全て支払いきれなくて残ってしまった税に関しては支払い義務が残ることになるでしょう。

 
競売を回避するには、第一に督促状を無視しないということが大切です。

 
僅かでも支払う意思を見せることで、強行的な手段に出ることはありません。

 
差し押さえは、誠意のない納税者に対する最終手段ですので注意してください。

 
さて、それでも支払えないという人もいるでしょう。

 
となると差し押さえは避けられなくなるのですが、

競売にて売却される前に自分で任意売却を行い不動産を売却するという方法もあります。

 
任意売却も競売と同じように、住宅などを売却してその金額を税に充てるという方法なのですが、

メリットとしては市場相場に沿った価格で売却ができるということです。

 
競売では市場価格の7割程度での売却が相場ですので、高く売却するということは適いません。

 
目的は、できる限り税の支払い負担を減らすことですので、

いざという時は自ら任意売却をしたほうが何かと利点を得ることができるでしょう。

 

お問合せバナー

 

2014年5月5日

 

 

 

『 優先税 』 がある場合の 『 任意売却 』についてご説明します。

 

 

『 優先税 』 とは、税金の納付期限日が、抵当権(ローン)の設定日より前の、残っている税金の事を言います。

 

 

例えば、平成25年5月1日に、ローンを組んで不動産を購入しました。

 

 

しかし不動産の購入前に税金の滞納(市県民税や、市府民税、など)があったとします。

 

 

この税金の支払いを滞ったままにすると、いずれ不動産に差押えが付きます。

 

 

差押の付いた税金の納付期限が、平成25年4月30日までのものは全て 『 優先税 』 となり抵当権(ローン)よりも

優先的に、回収する事ができます。

 

 

名前の通り、優先的に支払うべき税金 『 優先税 』 と言います。

 

 

この 『 優先税 』 は、延滞金も含めて全額納付する必要があります。

 

 

気を付けないといけなのが、何年間も税金の滞納を続けていると、延滞金だけで100万円を超える事も多々あります。

 

 

『 任意売却 』 をする際は、抵当権を設定した債権者と交渉し、この優先税を先に支払い、残りを債権者に配分する必要があります。

 

 

その為、『 優先税 』 がかなりの高額になる場合は、債権者への配分額(回収額)が少なくなるので、当初予定していた売買代金よりも

高く売却するように言われる可能性も高くなります。

 

 

もしもこの売却代金が相場以上の金額の場合、売れるものも売れなくなってしまい、競売になる可能性も出てきます。

 

 

住宅ローンの支払いを優先してしまい、税金の支払いを放置されている方は、気をつける必要があります。

 

 

株式会社ベクトルでは、任意売却をまだ考えていない方の事前相談等も無料です。

 

 

お気軽にお問合せください。(土日祝も対応させてもらっています)

 

2014年3月15日

世の中には所有されていると税金というお金がかかるものがいろいろありますよね。

 
自動車や家、土地などもですし、お酒やタバコなどの商品にも課税されているため、

物を買うということは何かと課税されるのが当たり前なんだと思います。

 
きちんと支払うのが当たり前なのですが、

中には家庭の事情などから滞納を余儀なくされている方もいらっしゃるかもしれません。

 
不動産の物件を所有している方は、いつ買うのか売るのか、時期によって左右されるでしょう。

 
購入された当時は毎月の住宅ローンや、または定期的にされる納税など、出来ると思って計画を組まれると思います。

 
しかし不況などで支払いが困難になってしまい、万が一滞納してしまった場合には、

所有されている物件に対して差し押さえの対象になってしまいます。

 
解除されるには、たまってしまっている税金を、まずは完済することが条件になりますが、

それがすぐには難しい場合、任意売却という手段もありますので覚えておきましょう。

 
もちろんきちんと納税するのが前提ですが、住宅を持つということは、やっぱりお金がかかりますし、

いかしかたない事情を抱えている方もいらっしゃると思います。

 
一人で抱え込まずに専門の事務所に相談するなど、何らかの対応をとることが良いでしょう。

 
不動産には一戸建て住宅やマンション、土地などいくつかごさいますが、

財産の一つとして税金の滞納をすると差し押さえの原因になってしまいます。

 
その前に解決したいですね。

 

お問合せバナー

2014年3月11日

介護施設で世話になっている認知症の父に代わって、成年後見人として家の管理をしています。

 
幸いなことに良い施設が見つかり、費用のほとんどを父の年金でまかなえると安心した矢先、父が税金を滞納していることが分かりました。

 
父は土建屋をしていたので、数年前から資材置き場にした土地があります。

 
登記上は農地ですが、資材置き場にした年から固定資産税が20万円もかかるようになりました。

 
農地のままなら固定資産税は数千円にしかなりません。

 
突然の値上げに父は納得がいかなかったのでしょう。

 
まったく払っていなかったようです。

 
役所から電話がかかってきて、未納の固定資産税を払わないなら年金を差し止めると言われました。

 
寝耳に水とはこのことです。

 
私は奈落に突き落とされたような気持ちになりました。

 
父が所有している土地への固定資産税ですから私が支払う理由はありませんが、誰かが支払わないと父の年金が止められ、介護施設に入居費を支払うことができなくなります。

 
毎年、固定資産税が20万円もかかってくるのは、どの家族にとっても大きな負担でしょう。

 
私は資材置き場にしていた土地をもとの農地に戻そうと見積を取りました。

 
何百万円もかかると分かり、土地を売る決心をしました。

 
ところが成年後見人といっても、親の不動産を勝手に処分することは法律上できないようになっています。

 
かといって父の同意を得ようにも、「ワシの土地じゃ、絶対に売らん」と言って私の話を聞こうともしません。

 
親の介護と資産管理は切っても切れない関係です。

 
今後はトータルに相談にのってくれる窓口を自治体でかまえる必要性を感じます。

 

 

 

お問合せバナー

2014年1月12日

 

税金や保険料を滞納した場合は、原則的に未納に関する納付の通告の書類が郵送されます。

納付の忘れなどを防止するための措置です。

 

納付に関する督促状が送られてくる事が基本であるが、督促に応じない場合は何度か通告の書類を送ったり、

市の職員などが支払いを促すために未納の世帯に訪問する事もあります。

 

納付の通告の書類による勧告に応じない状態が長く続くと、今度は家などを差し押さえるための通告の督促状を送るのです。

法律によって、差し押さえのための督促状の事項が定められているために、10日以内に納付が完了しないと、

不動産などの家などを差し押さえなければならないことが記載されているからです。

 

従って、差し押さえの督促状を受けてから10日以内に納付が完了できないときは、いかなる理由があったとしても、

家などの不動産を差し押さえられてしまうのです。

 

差し押さえを防ぐ対処法としては、差し押さえの督促状が届いてから10日以内に所定の税金や保険料を納める事が原則であるが、

様々な事由によって納付が困難であると判断した場合は、最寄りの市役所で税金や保険料などの納付の相談を行って、

今後の納付の対処をしていきます。 仮に差し押さえの督促状を送ったとしても、納付等に関する対処を行わなかった場合は、

放置しておいた滞納によって市役所が財産の差し押さえた通告書を送る事になります。

 

差し押さえられた財産は、不動産の場合も考えられるので、役所に詳細を聞くことです。

 

弊社ではローンや税金などの支払いの相談もしておりますので、『今は大丈夫だけど今後しんどくなるかもしれない』人でも

お気軽にご連絡下さい。

お問合せバナー

 

 

2014年1月9日

税金は滞納することなくしっかり納めておくことが大切ですが、

生活に困窮しているときなどはやはりその支払は難しくなってしまう場合もあります。

 

でも、払わなくてはいけないお金を払わずに置いておいて、そのままで許されるはずがありません。

 

 

不動産を持っている場合は税務署や市区町村などによって差し押さえられてしまうこととなります。

 

 

そして、この差し押さえられた不動産は住宅ローンの差し押さえと同じように不動産登記簿に記載されることとなり

そのまま税金を納付しなかった場合は競売と同じ競争入札方式で公売されてしまうこととなってしまうので、

大事な家や土地を失わないためにも、早めに納付するよう心がけましょう。

 

 

長期滞納をしていると非常に高い延滞金もついてきますので、早めに対策をしておくことが大切です。

 

そして自己破産などで債務整理をしている場合は自己破産の場合は債務は支払わなくても良くなりますが、

国税や地方税などは免責の対象となっていませんので、しっかり支払うよう心がけましょう。

 

通常の場合はいきなり差し押さえになるのではなく、事前に督促や催告を行い、

それでもなお支払わない場合に行われることとなりますので、

督促や催告があった場合はいつ差し押さえられてもおかしくないと言えます。

 

差し押さえ登記をされてしまうと自由に売り買いができなくなってしまいますので、

一度で納付が難しい場合は分納にしてもらえるかなど役所で相談してみましょう。

 

お問合せバナー