尼崎市で住宅ローン滞納相談・任意売却なら、㈱ベクトル。

尼崎市の住宅ローン滞納相談尼崎市の住宅ローン滞納相談


無料相談実施中無料相談実施中

お問合せ
メールでのお問合せメールでのお問合せ

尼崎市住宅ローン滞納相談はベクトル

競売とは競売とは
任意売却の費用任意売却の費用
よくある質問よくある質問

任意売却事例

2015年10月19日

 

株式会社ベクトルの西真由美です。

 

 西①

 

先週、尼崎市内で任意売却のお手伝いをさせてもらっていました売主さまの

ご自宅の売却が無事に終了しました。

 

 

初めてお会いし任意売却の相談を受けてから売却完了まで、約10ヶ月間。

 

 

その間、売主さまは住宅ローンの支払いをストップすることができたので

生活がとても楽になり、次の引越し先への資金も貯めることができ

新たな生活をスタートすることができましたと大変喜ばれていました。

 

 

帰りに、皆さんで食べてくださいと売主さまよりチョコレートをいただきました (^_^) /

 

IMG_4907

 

帰ってからスタッフみんなで、いただきました!!

 

 

とても美味しかったです!! Kさん、ありがとうございました!!

 

 

尼崎市内で住宅ローンの返済にお困りの方、任意売却をお考えの方

お気軽にお問合せください。

 

フリーダイヤル0120-30-2081 

メールでも24時間相談受付中です! info@vector-e.jp

 

 

 

sign[1]

 

 

 

2015年2月25日

 

 

株式会社ベクトルの西真由美です。

 

西①

 

先日、兵庫県西宮市にお住いの方から任意売却のご相談があり

ご自宅にお伺いしました。

 

 

相談内容は、離婚した元主人が住宅ローンの滞納をして自宅に銀行から

督促状が届いたとの事でした。

 

 

このご夫婦はすでに離婚されており

●不動産の名義は → 元ご主人

●ローンの借入名義人は → 元ご主人

という内容でした。

 

 

お話を詳しく聞いてみると、離婚後も子供さんの小学校区の問題で

元ご主人名義のマンションに奥さんと子供さんは住み続けることを希望し

その代わりに月々の住宅ローンは奥さんが、ご主人に毎月振り込む約束で

そのまま住み続ける事を、ご主人は了承しました。

 

 

毎月遅れなく、ご主人の口座に振り込み、その口座から住宅ローンの

自動引き落としの手続きをとっていました。

 

 

しかし離婚後、1年ほどして急に、銀行から督促状が届き

慌てて元ご主人に連絡を取るも全く連絡が取れない状態との事でした…。

 

 

そして、どうしていいかわからずインターネットで調べてみると

任意売却』という方法を知り、当社のご相談の電話がありました。

 

 

しかしすでに、住宅ローンの滞納は4ケ月になり

保証会社へ代位弁済の手続きをされるところでした…。

この状態になってしまうと、毎月分割で支払う状態には戻せません…。

 

 

そうすると今残っている住宅ローンを全額一括で返済するか

任意売却しか方法はありません。

もちろん数千万円も残っている住宅ローンを一括で返済することはできません。

 

 

このまま何もしなければ、保証会社は競売の手続に入ってしまいます。

 

 

急いで、名義人である元ご主人に、その場から私が連絡を入れました。

 

 

今の状況を聞くと、元ご主人は怪我をしてしまい、仕事を休職していましたが

中々復帰できる見込みがなく当時勤めていた会社を退職するしかなかったそうです…。

 

pics260[1]

 

そして奥様から振り込まれてくる住宅ローンのお金でこの数カ月生活が

できていた状態だったそうです。

 

 

しかし今の状態を、奥様にも相談できず気がつけば住宅ローンの滞納を

続けてしまったそうです…。

 

 

この話を聞いて、もちろん奥さんは大激怒!!!

 

 

しかし今その話をぶり返したところで、問題は解決できません。

 

 

そして離婚されている事もあり、元ご夫婦は直接話をしたくないという事で

私が間に入ってくれるのであれば任意売却を進めたいとの事だったので

その足で同じ西宮市内の元ご主人の自宅にお邪魔して、正式に任意売却の依頼を

受けることになりました。

 

 

予定では今月中に保証会社へ代位弁済が完了する予定です。

 

 

今回の住宅ローンの保証会社は通常、いつも任意売却を認めてくれており

任意売却の販売期間も数ケ月いただける予定なので

おそらく競売になることはなく、任意売却ができる予定です。

 

 

もし後、1ケ月連絡をいただくのが遅ければ競売になっていたかもしれません…。

 

 

元奥さんと子供さんは、任意売却をする為このまま自宅に住み続けることは

できなくなりましたが、任意売却が完了するまでの間、住宅ローンの支払いを

することなく住み続けることができるので、生活はだいぶ楽になります。

 

 

無事に任意売却が完了できるように、引き続きお手伝いをさせていただきたいと思います。

また経過は、ブログに書きたいと思います!!

 

sign[1]

 

 

 

2015年2月8日

 

株式会社ベクトルの西真由美です。

 

 

本日は、当社で実際にあった事例をブログに書きたいと思います。

 

 

今回の売主さまは、元々、住宅ローンを全額返済したいと考えて

地元の不動産会社に相談に行き売却の依頼をしました。

 

 

その不動産会社は売主さんにローンの残高を確認し売却時の諸費用を

計算してローン残高にプラス諸費用の額を上乗せした金額で、ご自宅を

売りに出すことになりました。

 

 

もちろんローンの残高を全額返済することを目的に価格設定を

しているので近隣の相場からはかけ離れていました…。数百万も…。

 

 

しかしお家を探している方は、近隣の相場をよく知っている方が

ほとんどです。数百万も高いお家が売れるわけがありません…。

 

          53

 

きっと、その不動産会社の方は「任意売却」という方法を

知らなかったのかもしれません…。

 

 

次に売却を依頼していた不動産会社の方は、空き家にした方が

売れますと言ってきたそうです。

 

      173

 

 

もちろん居住中と空き家のお家を比較すれば、空き家の方が

いつでも内覧もできるし、気兼ねなくゆっくり見る事ができるので

売れる確率は上がるかもしれません。

 

 

しかし確率が上がるだけであって居住中でも全く問題なく売れます!!!

 

 

当社は任意売却専門の不動産会社ですが、売主さまの95%は

お住まいになったまま売りに出します。

そしてちゃんと買主さまも見つかっています。

 

 

お金に余裕のある方であれば、先に引越しをして空き家にして

売りに出される方もいるかもしれませんが任意売却の場合は

そもそも住宅ローンの支払いも苦しいので任意売却する方が

ほとんどです。

 

 

それを空き家にして売るとなると住宅ローンも払い続け

次の賃貸の家賃も払う事になり2重での支払いになってしまいます…。

 

 

任意売却をする際は、まずは住宅ローンの滞納をする必要があります。

つまり任意売却が完了するまではローンを滞納したまま自宅に住み続ける

ことができます。

 

 

通常、住宅ローンの滞納を約4ケ月します。

銀行によっては6ケ月滞納して、初めて保証会社へ代位弁済の手続きに

移行されます。滞納後、代位弁済までの手続にも1ケ月~1ケ月半ほどは

時間がかかります。

 

 

そして初めて保証会社へ代位弁済が完了後、任意売却をスタート

することができます。

 

 

代位弁済後も、保証会社は任意売却の販売期間をくれるので

ローンの滞納開始から約半年間、銀行によっては約1年間もの間

ローンの支払いをせずに、自宅に住み続けることができます。

 

半年~1年間もの間、ローンの支払いがなければ十分に生活を

立て直すことができます。

 

 

※任意売却をするイコール住宅ローンの滞納をする事になるので

個人信用情報(いわゆるブラックリストと言われているもの)に

名前が載ってしまうのでデメリットもあります。

 

 

そして任意売却をする際は、事前に引越しをする必要はありません。

ギリギリまで住み続けてください。

そして任意売却で購入者の方が決まればほとんどの保証会社は

売却代金の中から売主さんへ引越し費用を出してくれます。

 

 

でも今回のように事前に売主さんが引越しを完了されている場合は

保証会社は引越し費用を認めてくれません…。

 

 

今回の売主さんは、最終的に住宅ローンの全額返済は難しいと

判断されてご自身で色々とインターネットで調べて「任意売却」

という方法を知ることができました。

 

 

そして「任意売却専門の当社ベクトル」に相談へ来られました。

 

 

ローンの支払いがしんどくなり、自宅の売却を考えている方は

無理に支払いを続けずに一度相談のお電話をください。

解決方法を一緒に考えていければと思います。

 

 

フリーダイヤル0120-30-2081(土日祝も相談可)

女性スタッフが対応させていただきます。

 

 

sign[1]

 

 

2013年11月15日

 

 

株式会社ベクトルの西真由美です。

 

先日、兵庫県佐用郡佐用町の1045坪の土地の任意売却が無事に終了しました。

 

写真は夏に佐用町に行った時に見た『 ひまわり祭り 』の写真です ↓ ↓ ↓

 

IMG_9735

 

 

今回は、少し珍しいケースでの任意売却でした。所有者は法人で、地元の金融機関の抵当権の設定がありました。

 

問題になるのが、2番抵当権に法人の社長の身内の方が抵当権を設定していた事です。

 

しかも設定額は、5,100万円。土地の所有者ではない第三者が関係してくる任意売却です。

 

しかし法人は毎月のローンの返済を今後、絶対にできない状態だった為、任意売却をするしかありませんでした。

 

2番抵当権の債務者の身内の方にも事情を説明し、任意売却をする了承をしていただきました。

 

債権者(借入先金融機関)に何度も交渉し、2番抵当権を設定していた身内の方は

他の不動産へ抵当権の設定替えをする事も無く、返済も今まで通りという約束で無事に任意売却を終える事ができました。

 

今回、任意売却のお手伝いをさせていただいた売主様とはご紹介で知り合いました。

 

2年前に、任意売却をさせてもらった売主様からのご紹介です。

 

今回の売主様とは昨年の8月に初めてお会いし1年以上のお付き合いになります。

 

任意売却は通常の売却とは違い、お金の問題やプライベートの問題があり、中々相談しにくいと思います。

 

だからこそ、本当に仲の良い方や身内の方にしか話ができません。

 

今回の売主様も、20年来のお友達である紹介者の方に相談をした事がきっかけで、お知り合いになる事ができました。

 

当社では、お客様のご希望をまず第一に、これからの事を一緒に考えて、大切なご自宅の売却のお手伝いをさせて

いただきます。

 

もしも売却せずにすむ方法があるのであれば、その方法を一緒に考えていきたいと思います。

 

その為には、早い段階でのご相談をしていただく事によって選択肢が増えます。

 

お気軽にご相談ください。土日祝も対応させてもらっています! フリーダイヤル 0120-30-2081

 

メールでのご相談もお待ちしております。info@vector-e.jp

 

 

お問合せバナー