尼崎市で住宅ローン滞納相談・任意売却なら、㈱ベクトル。

尼崎市の住宅ローン滞納相談尼崎市の住宅ローン滞納相談


無料相談実施中無料相談実施中

お問合せ
メールでのお問合せメールでのお問合せ

尼崎市住宅ローン滞納相談はベクトル

競売とは競売とは
任意売却の費用任意売却の費用
よくある質問よくある質問

不動産 差押え

2014年7月9日

生涯の中でも一番高い買い物となっている方も多いのが、不動産でもあります。

 
一括払いでそのまま購入できる方は少ないです。

 
だいたいの方はローンを35年などという長い月日で組み、支払を行っているのではないでしょうか?

 
その間に何事もなく仕事も順調で、支払も滞ることなく払うことができればいいのですが、

何か起きてしまって支払ができなくなり、ついには差押えになってしまったということが起きてしまうこともあります。

 
その時には、自分ですべてのことを抱え込まずに、

まずはそういったことを専門としているプロに任せて解決をするようにしましょう。

 
差押えの通知が来てしまったら早急に相談が必要になります。

 
そのままにしていると競売にかけられて、近所に知られるだけでなく安い料金で不動産を売られることになります。

 
その前に解除をして、別の方法で売りに出したりなどまだ道はあるので、早めの相談が肝心になるのです。

 
インターネットなどでも探してみると、任意売却の手続きを行っている専門業者を探すことができます。

 
全国どこからでも相談することができる全国対応の専門業者もあるので、まずは電話で相談をしてもいいでしょう。

 
そこでどのような状況で、今後どのように考えているかなども話ながら相談もできますし、

その方にとってより良い方法を教えてくれて、

その手続きへと進んでくれますので最悪のパターンにならずに済む可能性が高くなります。

 
不安な時だからこそすぐに専門業者へ相談しましょう。

 

お問合せバナー

2014年6月23日

住宅ローンを組んで、家や土地、マンションなどを購入している方が多いですが、

長い人生の間には、様々なリスクがあります。

 
病気になって、収入が減少したり、転職をして賃金が下がってしまったり、

自営業がうまくいかなくなってしまうことがあります。

 
固定資産税などの税金に滞納があったり、住宅ローンの返済が滞ってしまうと、

税務署や市役所から、催促や通告があります。

 
それでも、支払いをしない場合は、督促状が届いてしまい、大切な不動産を差押えられてしまいます。

 
差押えをされてしまうと、不動産を勝手に売却する権利などを失ってしまいます。

 
固定資産税の通知書が届いてから、一定の期間まで支払わないと大切な不動産が競売にかけられてしまいます。

 
不安や悩みを抱えていて、誰にも相談できずに悩んでいる方は、信頼できる司法書士や弁護士に相談するようにして下さい。

 
競売にかけられてしまうと、もっと高く売却できる可能性もあるのに、

市場価格よりもかなり安い価格で、売却されてしまいます。

 
銀行などの金融機関は、融資をしたお金を回収する必要がありますが、競売だと回収できるお金が少なくなります。

 
住宅を差押えられると、テレビドラマなどのイメージですぐに退去をしないといけないというイメージがありますが、

そのまま住み続けることができます。

 
任意売却を依頼すると、近隣の人に知られることなく、取引をすることが出来ますし、

高く売却できるタイミングを待つことが可能になります。

 

お問合せバナー

2014年4月20日

家やマンションなどの不動産は、高額なのでほとんどの方は、住宅ローンを利用して購入しています。

 
銀行などの金融機関は、ある一定の審査基準を満たしていて、返済能力がある方に融資を行っていますが、長い人生の間には、生活環境が大きく変わってしまうことがあります。

 
会社が倒産してしまったり、自営業が傾いてしまったり離婚をしてしまって、

住宅ローンの返済をするのが難しくなってしまった方が増えています。

 
固定資産税や、住宅ローンの返済が滞ってしまうと、税務署から督促状が送られてきて、催促や通告があります。

 
それでも、支払いが出来ない場合は、大切な不動産を差押えられてしまい、

市場価格よりも、かなり安い価格で売却されてしまうことがあります。

 
差押えを解除する方法がありますが、法律的な知識も必要になるため、信頼できる専門家に相談することをお勧めします。

 
融資を行っている金融機関は、貸したお金を回収しなければなりませんが、

競売の場合は回収できるお金が少なくなってしまいます。

 
競売にかけられてしまう前に、任意売却の手続きを依頼すると、債務者にとっても、

債権者にとってもメリットのある方法です。

 
競売の場合は、近隣住民に知られてしまいますが、任意売却の場合は、近隣に知られることがないため、

プライバシーを守ることが出来ます。

 
専門家に依頼すると、売却する時期を待つことができるため、しばらくの間は家に住み続けることが可能ですし、

引っ越しの費用も準備しておけます。

 

お問合せバナー

2014年3月6日

景気が悪くなるとどうしても借金という言葉がつきまといがちです。

 
小さな会社では資金繰りに苦しくなり、金融機関からの借り入れが厳しくなります。

 
このところは、業種によって上向きかげんの企業も出てきていますが、

まだまた苦しいところが多いのが実情ではないでしょうか?

 
銀行から融資を受けるために、自社や個人の不動産等を担保にお金を借りることが増えてきています。

 
その後に業績が良くなり借金返済となればいいのですが、最悪の場合、差押えられる不動産も出でくる可能性もあるのです。

 
それだけ会社の経営を維持するために無借金経営できる企業は少ないのが実態ではないでしょうか。

 
よって不動産等を担保することはギリギリの選択だといえます。

 
最終的に借金を清算するために競売にて売却することで、無くなるわけですが、

厳しい現実にということは間違いありません。

 
個人の場合でも同じです。

 
今は、個人ローンやガードローンが簡単に受けることができます。

 
しかし、最終的には返済が滞り個人資産の差押えとなる場合があります。

 
自己破産という手続きにて支払義務が無くなるわけですが、

競売により、今まで築いた資産を全て失うことになると同時に社会的信用を取り戻すために、

かなりの時間と労力を費やすことになるのです。

 
法的措置として確立されたものではありますが、厳しい事ではあるのです。

 
事業を新しく行うにしても、個人の消費にしても長期的視野で収支を睨みながら、

金融機関からの融資を受ける方がいいのか見極める必要です。

 

お問合せバナー

2014年2月25日

自宅を購入する際には、多くの方が住宅ローンを活用すると思います。

 
不動産はそうとうの高額となりますので、即金で支払うのはかなり難しいです。

 
住宅ローンを契約する際には、一定の審査を金融機関側で行ってもらう必要があり、その時に資金保有状況や収入の予定の状況などを勘案されて、返済不能となりそうな借り入れはできないことになっています。

 
しかし、借り入れ契約の後に生活環境が大きく変わり、返済がとどこおってしまうというケースももちろんあります。

 
働いていた会社が倒産してしまったり、リストラにあってしまったりして収入が減少してしまうことももちろんありえます。

 
こういった要因で住宅ローンが返済できず、滞納を続けていると、物件を差押えられてしまい、

強制的に競売にかけられ、安い値段で売りさばかれてしまうという憂き目にあってしまう可能性もあります。

 
こうなってしまう前に何とか対処しておきたいところではありますが、差押えの決定は突然来てしまいます。

 
差押えを受けてもあきらめずに、解除の手段を講じることをお勧めします。

 
必ず解除できる保証はありませんが、不可能ではありません。

 
どちらにせよ、手続きには専門的な知識や技術が必要となりますので、任意売却などの専門家に相談することをお勧めします。

 
再度強制措置を受ける前に、任意売却を行うのが常套手段ですが、これに関しても専門家に相談しながら進めたほうが良いです。

 
抵当権の解除など、専門的な処理が必要となるためです。

 

お問合せバナー

2014年1月30日

 

土地やマンションの価格というのは時代に合わせて急激に変化していくものです。

 

数年前までは資産として十分に誇れるレベルの価値があったにも関わらず、

周囲の土地の価格下落に合わせて担保として使うにも心もとないレベルまで価値が落ち込んでしまう場合もあります。

 

そうなってくると怖いのが借金の返済などに不動産の担保をあてに出来ないという事で、

どう頑張っても借金が返せそうにないかもしれないと思ったら、

不動産の差押えが数年以内に来る可能性も考えて専門家に相談をしておきましょう。

 

もし不動産の差押えが来た場合はどうやっても取り返せないと思い込んでしまう方が多く、

もう自分の家に入る事すら二度と出来ないのだと悩んでしまい心を病んでしまう場合もあります。

 

しかし実際には自分の土地を取り戻すというのは思い悩むほど難しいことではなく

これから少しずつでも借金を返済していく目処が立ちそうだという事が専門家の方と相談している内に分かれば、

早い段階で自宅を取り戻す事は可能です。

 

自宅ならまだしも事務所を取り戻せないというのは経営にも響いてくるものですから、

どのタイミングで土地を取り戻す事が借金返済の近道になるかを専門家の方と話し合ってみましょう。

 

もし土地を取り戻す事を諦めた場合であっても任意売却の依頼をする事で、

少しでも高く販売出来る様に尽力してくれるところが心強い味方になってくれるのです。

 

どんなに僅かな資金であっても手元に残すつもりで高く売却してもらいましょう。

 

お問合せバナー

2014年1月20日

不動産を差押えられる、そんなことになってしまっては好ましい状態とは言えず、早く解決を見たいものです。

 

このようなことがなされる時は、税金の滞納であったり、

住宅ローンが滞ってしまっていたりしたことで起きることが多く見られます。

 

差押えを簡単に考えると、支払いをしない相手に対し、その相手から強制的に財産を没収し、

その金額を債権の回収に当てると言うことになるのです。

 

あまりスマートな形とは言えないかもしれませんが、回収する側にとっては最後の手段でもあります。

 

大きな事案としては住宅とか不動産全般の押さえと考えられますが、この差押えたことで、勝手に売却など出来ません、

売却などは禁止ですという通知を意味します。

 

この場合、その住宅には売却が決まるまで住むことが出来ますし、生活必需品なども自由に使えることになります。

 

ですがこの方法は、簡単に出来るものではありません。

 

それには、必要なものがあるのです。

 

それは、権利を証明する公的文書が必要であり、この文書では裁判所の判決書が多く用いられています。

 

また対象となる財産の情報も必要となり、財産の内容を把握しておき、

いくらくらいの金額になるまでの知識を持っておくことになるのでしょう。

 

そして裁判所の許可がいるのです。

 

この3点が揃っていないと出来ないことなのです。

 

このようなことが起きてしまわないためにも、無理なローンは組まないことなど先回りの発想をもつことで、

危険回避をされると良いのでしょう。

 

お問合せバナー

2014年1月8日

万が一頑張って建てた所有されている一戸建て住宅が、何らかの理由によって差押えになってしまったら、誰でも悲しいと思います。

 
しかし所有している以上は、税金をきちんと納める義務がありますし、住宅ローンを支払わなければいけませんよね。

 
もし滞納してしまった場所には、対象となっても仕方がないと言えるでしょう。

 
ただ人それぞれ、様々な理由があり住宅ローンを支払うのが困難になってしまった、

または税金が高くて支払えないという理由があるかもしれません。

 
自分のマイホームが、万が一差押えの対象になってしまったら、その時にはどのように解除したら良いでしょうか。
不動産は財産ですが、もちろん税金がかかります。

 

なので一般的には税金を完済するというのが条件になります。

 
もし一括で支払うのが困難であれば、納税課に相談をするなど、何らかの対処をしましょう。

 
もしくは専門の事務所に相談をして、今後の解決策に対してアドバイスをいただくと良いと思います。
必ずしも国の機関が関わってくるというわけではありません。

 
差押えがわかってから動くよりも、事前に対応をするように動くべきかと思います。

 

解除をするためには、どれくらいの税金が滞納されているのか把握しながら、

完済をするためのシミュレーションを立てることも大切です。

 
完済するまでは、対象となるので気をつけましょう。

 
今は地域に不動産に関する知識がある、専門の事務所がありますので、任意売却を含め相談しましょう。

 

お問合せバナー