尼崎市で住宅ローン滞納相談・任意売却なら、㈱ベクトル。

尼崎市の住宅ローン滞納相談尼崎市の住宅ローン滞納相談


無料相談実施中無料相談実施中

お問合せ
メールでのお問合せメールでのお問合せ

尼崎市住宅ローン滞納相談はベクトル

競売とは競売とは
任意売却の費用任意売却の費用
よくある質問よくある質問

株式会社ベクトルは、尼崎で住宅ローン滞納相談・任意売却のご相談を多数いただいています。

任意売却の実績集合写真 HP用.JPG

こんな悩みありませんか?

この様な不動産会社にご注意ください。.pngこの様な不動産会社にご注意ください。.png

読売新聞 表紙.jpg読売新聞 表紙.jpg弊社が、読売新聞 夕刊に掲載されました。今まで顧問弁護士・提携司法書士・税理士とともに、ご相談者さまのお金の問題を多く解決してきました。今後もより多くの人の『不動産競売』を回避し、住宅ローン返済に悩まれる方のお手伝いが出来ればと思います。

読売新聞 掲載面.jpg読売新聞 掲載面.jpg

TVホスピタル 記事_0001.jpgTVホスピタル 記事_0001.jpg弊社が、病院設置専門のTV番組雑誌「TVホスピタル」のお勧め情報で、紹介されました。急な病気や事故などで仕事が出来ず、支払いが苦しくなった場合、まずはご相談ください。
TVホスピタル 記事_0002.jpgTVホスピタル 記事_0002.jpg

財形新聞.jpg弊社の運営するホームページ
『任意売却マネージメント』http://www.vector-e.jp/が、
東京のビジネス関連のウェブニュースサイト『財形新聞』の
記事内、『住宅ローンの滞納による競売の回避方法』に
掲載されました。
⇒記事の詳細については、こちら

vector bukkenitiran bana.jpgvector bukkenitiran bana.jpg

ご相談者様の声

ご相談者様の声_1ご相談者様の声_1

ご相談者様の声_2ご相談者様の声_2

ご相談者様の声_3ご相談者様の声_3

1.jpg1.jpg

ご相談者様の声をもっと見るご相談者様の声をもっと見る

解決事例・実際にあったケース解決事例・実際にあったケース

任意売却とは

任意売却のポイント

社名の由来

住宅ローン等のお金についての問題は、『一般の不動産業者』に相談してもご相談者様にとって良い回答を得る事は難しいです。
私達『任意売却専門の不動産業者』なら『多重債務』『相続』『連帯保証人』『税金の滞納』などについても有利なアドバイスをさせていただく事が可能です。
その為にも、弁護士や司法書士・税理士の先生方と提携しています。

社名の由来

司法書士 西村 竜也(ニシムラ タツヤ)
司法書士 西村竜也.jpg私は京都の某半導体メーカーで4年間普通の会社員を経験した後、平成15年からこの世界に入り、債務者整理等をしてお客様をサポートして参りました。一般的に司法書士や弁護士は「先生」と呼ばれることが多く、一般の方から見れば、少し敷居の高い存在なのかもしれません。私は、司法書士になった今でも、専門家はその分野において専門的な知識を持っているだけで、何ら特別な存在ではないと思っています。
もし、話しにくそうだからと専門家に相談するのをためらっているお客様がいらっしゃいましたら、司法書士の中には話しやすい人間もいますので、少し勇気を出して、解決の一歩を踏み出していただければと思います。
当事務所では、相談から解決までを認定司法書士が担当し、ひとりひとりのお客様に丁寧に接することを心がけています。地域で一番話しやすい事務所を目指しておりますので、「こんなこと聞いたら怒られないかしら?」などと気にすることなく、どんな些細な事でもお尋ね下さい。

司法書士 西村 竜也
大阪司法書士会会員 第3125号 (簡裁訴訟代理等関係業務認定第612138号) 
『債務整理・過払い請求ページ』(西村竜也司法書士事務所)

司法書士 森山光樹(モリヤマ ミツキ)
森山司法書士 武庫之荘.jpg 私は、平成19年に司法書士試験合格後、開業前に2つの大手司法書士事務所で実務経験を積みました。
司法書士の受験勉強は大学2年生の時から始めましたが、司法書士を目指したきっかけとしては、①多くの方の悩みを解決できるやりがいのある仕事に就きたいと思ったこと、②就職難の時代だったので、1つの分野の専門家になりたいと思ったことが大きな理由です。業務の完結後にクライアントからお礼の言葉を頂いたときには、「この仕事に就いてよかった」と思います。
司法書士の業種はサービス業です。法的なサポートだけでなく、クライアントの皆様により身近に、より親切に、そしてわかりやすく丁寧に業務を行っていくことを心掛けております。
皆様のお役に立てるように懸命に業務に励んでいく所存です。何かお困りのことがございましたらどんなことでも結構です!是非森山法務オフィスにご相談下さい。情熱をもってサポート致します!!

司法書士・行政書士 森山光樹
大阪司法書士会会員  第3980号(簡裁訴訟等代理業務認定番号 第722126号)
大阪府行政書士会会員 第6418号
『森山法務オフィス ホームページ』(森山法務オフィス)

税理士 早瀬 福(ハヤセ オサム)
早瀬 福 税理士.jpg税理士法人あすなろ 集合写真.jpg私共の事務所の理念並びに業務内容についてご案内申し上げます。
私共は、小規模事業の繁栄のために助力して参ります。
小規模企業の殆どの方は、日々の仕事に追われ、近代的、戦力的経営から大きく取り残されているのが現状です。
私自身も、小規模事業(ガソリンスタンド〉を26年間経営しておりましたので、帳簿の記帳・税務申告・税務調査・売上減・資金繰り等の苦労をいやというほど体験して参りました。しかしこの体験から多くのことを学び、そこから得た数々の経験があるからこそ、小規模事業の経営者である皆様のご苦労が理解でき、事業の発展のために適切なアドバイスが差し上げられるものと確信いたしております。
どうぞ、「税理士法人 あすなろ」をお気軽にご活用ください。

独立行政法人 都市再生機構 顧問税理士
『税理士法人あすなろ ホームページ』(税理士法人 あすなろ)

無料相談~売却までの流れ
1_1.jpg

詳しい売却の流れはこちら詳しい売却の流れはこちら

ご相談大歓迎ご相談大歓迎

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの借金が残るけれども、債権者(借入金融機関)との話し合いのもとで『あなた自身の意思で売却すること』を言います。

逆に競売とは、債権者が、裁判所に競売の手続きを申立し、あなた(所有者)の意思とは全く無関係で売却されてしまう事です。
競売は、市場価格の7割から8割程度で落札されるケースがほとんどで、債務(借金)が多く残ります。競売での落札代金は全て債権者に支払われるため、あなたへの引越代なども捻出できませんので、1円も手元に残りません。
生活を再建しようとしても『精神的・金銭的』に厳しい状態になります。

しかし、『任意売却』では、債権者と話し合いのもと、市場価格に近い金額で売却する事が出来るため、あなたの売却後に残る債務も少なくなり、また債権者も競売よりもより多くの資金を回収する事が出来るので、お互いにとってより良い形で解決できるのが特徴です。
もちろん任意売却では、あなたの為に引越費用の捻出を認めてもらえるケースがほとんどです。※借入金融機関によって異なります。

株式会社ベクトルでは、あなたに代わって『自宅の売却』や『債権者(借入金融機関)との交渉』をさせていただき、今後のあなた(所有者)の生活の再建のサポート・アドバイスをさせて頂きます。
お引越し先についても提携の賃貸仲介不動産会社がありますので、そちらをご紹介させていただくことも可能です。なので、お引越し先のお部屋探しも『安心』です。

任意売却のメリット

任意売却のメリット_1

競売の場合は、入札開始時のスタート価格が低く、そのためにどうしても市場価格の7割から8割程度の金額で落札されることが多いです。しかし、『任意売却』は、市場価格に近い金額で売却を目指しますので、競売よりもより高い金額で売却する様に活動します。
競売より高く売れることが出来れば、その分の残債務(借金)の減少につながり、その後の生活も再建がしやすくなります。

メリット_2

競売にはない、引越し資金や当面の生活資金を確保する事が出来ます。債権者(借入金融機関)との話し合いより、あなた(所有者)に引越し費用や当面の生活資金を残してもらう様に掛け合うこともさせて頂きます。

メリット_3

状況により、周りには知られにくく自宅の売却もすることが出来ます。
競売では『公告』という形でインターネットや新聞広告等でご近所の方等にご自宅の売却が知られてしまいますが、『任意売却』の場合は上手くいけば、周りの誰にも気づかれずに売却する事が可能です。

任意売却と競売の違い

  任意売却 競売
できる限り高く売りたい
事情を知られたくない ×
引っ越し代を捻出したい ×
少しでも多くローンを返済したい
現金を残したい ×
退去日を相談したい ×
完了までの手続きを早くしたい ×

任意売却のメリット

任意売却と競売の違い

  株式会社ベクトル
(任意売却専門) 
一般の不動産会社
(大手不動産会社含む) 
弁護士等
早く高く売る ×
近所に事情を知られたくない
引っ越し代を捻出したい
住み続けたい × ×
借金の返済方法相談 ×
自己破産したくない(相談) ×
賃貸のお部屋探しをしたい ×

同じ不動産業者ですが、任意売却専門の不動産業者と一般の不動産業者(大手含む)でも違いがあります。なぜならTVCMなどで有名な不動産業者等は、一般のお客様の住宅の売買に特化しています。例えば、『家族の人数に応じた物件のご提案や、その担当地域にどの様な校区や商業施設があるかに詳しい』です。なので日々の業務に『金融機関との交渉』『債務の返済の仕方についての相談』という事は殆どありません。
『任意売却専門』の仕事をしていないので、『やり方が分からない』という業者が多いです。
弁護士の先生はもちろん『不動産業者ではありません』ので、不動産の売却が出来ません。病院に例えると『ケガ』をしたとしたら、普通は『外科』の病院にいかれますよね、誰も『歯医者』には行かないでしょう。さらに心臓などの病気などであれば専門の病院に行かれるはずです。ですから、不動産の『借金の悩み』に関しては『任意売却専門の不動産業者』に依頼することが、成功への近道になります。

資料送付.jpg資料送付.jpg

メール相談.jpgメール相談.jpg

ご相談大歓迎ご相談大歓迎